FP2級の次に、1級の勉強や受験は必要、不要?

FP2級の通信講座に興味を持つ人は、ほとんどの場合は就職や転職、あるいはキャリアや職歴のことを考えている人たちでしょう。


FPは資格の仕組みがあまりにも複雑なため、FPの中からどの資格を受けるべきなのか? その部分を調べるだけでもひと苦労するのですが、「FP1級は受けなくてもいいの?」という疑問を抱く人もけっこういるのだそうですね。


確かに、FP2級の上に1級があるのなら、それに受かったほうがよさそうな気がするのは当然でしょう。しかし、FP1級はそもそも、受験資格を満たすのがたいへんです。FP1級を受けるには何しろ「実務経験が5年以上」と定められていますから。つまり、銀行なり保険会社なり、FPが活動する職場で5年も働いてからでないと願書を受け付けてもらうことすらできません!

 

言い換えますと、銀行や保険会社といったFPが活躍する業界に入りたいのであれば、FP1級はまったく関係がありません。FP2級とAFPに受かったらそれで就職活動に専念すればいいのです。


もちろん、就職後に順調に仕事を続けて、FPとしてレベルが高くなってきたら、その先にFP1級を目指すのはいいアイデアでしょう。FP1級に合格しているような人材は、FP2級までと比べてめっきりと少なくなります。チャンスがあれば、合格を目指すのはとてもいい刺激となることでしょう。



低予算で短期合格を目指すなら
通信教育のフォーサイト
他を圧倒する教材の質の高さと低価格が売り!確実に短期合格を目指す方におすすめ
詳しくはコチラ
フォーサイト
とりあえずFP2級の学習をするなら
生涯学習のユーキャン
初級者向けのわかりやすいテキストを用意!知名度は通信講座NO1
詳しくはコチラ
ユーキャン