FP2級は、ゼロからのスタートでも「3ヵ月~半年程度」で目指せる資格です!

FP試験にチャレンジしようという皆さんにとって、いつの試験を目標にするかは大いに悩まれるポイントだと思います。
FP2級試験は5月、9月、1月の年3回実施されており、「一回分を逃したとしてもまたまもなく次があるから!」という安心感から、つい受験が先延ばしになりがちな資格のひとつであると言えます。
また、一般的なイメージとして「FP2級レベルであればさほど難しくない」と思われていることから、一ヵ月程度の準備期間しか設けずに受験をして玉砕、といったケースも散見されます。

ここでは、FP2級を受験する上での「適切な学習の始めどき」について考えてみることにいたしましょう。


【戦略的に狙うなら「半年前から」が妥当】

FP2級試験対策については、「1ヵ月で合格した」「1年かかった」等その期間は人によって様々ですが、標準的な受験対策の期間を考える上で、目安となるのが「6ヵ月」です。
これは、知識ゼロの状態から試験範囲をすべて網羅し、受験問題に対応できるレベルになるまでに必要な試験期間を想定した場合の目安。
FP2級の一般的な対策講座のパンフレットを見ても、受講期間は概ねこの「6ヵ月」が基準となっているかと思います。

いかがでしょうか?皆さんがこれから目標にしようとしている試験は、半年後以降の日程でしょうか?
今一度、確認しておきましょう!

9c726da6ee9f9e08646c9d9d7219d661_s


【受験期間を短縮したいなら「通信講座」の活用がオススメ】

いくら「初学者でも狙い目」とはいえ、FP2級は誰でも半年程度学習すれば確実に合格できる試験というわけではありません。
6ヵ月あれば一応ひと通りの試験対策をこなせる計算ではありますが、実際に初見の問題に対応できるかと言えば、そこは人それぞれ。
すでに触れたとおり、一年がかりでようやく合格できる方もいらっしゃいます。

「そんなに時間を費やせない」「もう少し短い期間で何とかならないの?」
そんな方は、通信講座の受講を検討しましょう。専門の対策講座を受講することで、回り道することなく正しいカリキュラム、教材で学ぶことが可能になります。
FP2級の場合、つい独学で何とかなるだろうと思われがちですが、自分ひとりですべてをこなそうとすればやはり効率が悪いですし、そもそも難しいものです。

ちなみに通学講座の場合には、通うためのスケジュール調整や時間の確保、労力が必要ですし、“通うこと”自体が目的となりがちです。
こうなると肝心な予習復習がおろそかになり、かえって合格を遠ざけることにもなりかねませんから、あまりオススメできません。

低予算で短期合格を目指すなら
通信教育のフォーサイト
他を圧倒する教材の質の高さと低価格が売り!確実に短期合格を目指す方におすすめ
詳しくはコチラ
フォーサイト
とりあえずFP2級の学習をするなら
生涯学習のユーキャン
初級者向けのわかりやすいテキストを用意!知名度は通信講座NO1
詳しくはコチラ
ユーキャン