FP2級の実技試験とは

実技試験の正体は

FP2級の実技試験って、何の実技をするんですか?」
・・・よく聞かれる質問です。

実際、「FP2級には実技試験があるよ!」と聞くと、

「実技って、どういう実技なんですか?」
「コンサルティングの実技があるんですか?」

等々、色々と心配する受検生が多い。

しかし、FP2級実技試験の正体は、普通の筆記試験です。
ただし、学科試験が択一式問題のみであることに対し、こちらは応用問題が出題されます。

具体的にはどんな問題が出てくるのか

応用問題と言っても種類は様々だが、金融財政事情研究会のFP2級実技試験では、何らかの事例が提示されて、その事例に関連した問いが出されます。

具体的には、

「次の問いに〇×で答えよ」
「当てはまる語句を選択肢の中から選べ」

・・・といった、択一式試験と変わらないような問題も出てきますが

「××の額を計算せよ」
・・・といった計算問題もありますし、

「〇〇について、説明せよ」
・・・といった記述を要する出題もあります。

難問は出題されない

計算や記述があるというと心配になるかもしれませんが、FP2級の実技試験の問題というのは、実は比較的やさしい。

何と比べてやさしいかと言えば、2級の学科試験と比べて、です。

学科試験には時折、選択に迷うような問題も出てくるが、実技試験の方は得てしてストレートな設問ばかり。

つまり、FP2級の実技試験は、基礎さえしっかりと押さえていれば正答できる問題が大多数なのです。

だから、実技試験と言っても、それほど特別な心配をすることはありません。

ただし、記述式試験や計算試験には慣れも必要なので、事前に実技試験用問題集をひと通りこなせるようにしておいた方がよいと思われます。

FP3級を受検したことがある人だったら、FP3級実技試験のバージョンアップ版だと理解してほしいですね。

ちなみに、FP1級の実技試験は、面接官2名による口頭試問で、こちらはいわゆる「実技試験」に近い形態になっています。

低予算で短期合格を目指すなら
通信教育のフォーサイト
他を圧倒する教材の質の高さと低価格が売り!確実に短期合格を目指す方におすすめ
詳しくはコチラ
フォーサイト
とりあえずFP2級の学習をするなら
生涯学習のユーキャン
初級者向けのわかりやすいテキストを用意!知名度は通信講座NO1
詳しくはコチラ
ユーキャン